わきがは遺伝する?

わきがは体質的なもので、遺伝すると言われていますが、実際はニオイの元となるアポクリン腺が発達しやすい体質が遺伝するのであり、わきがそのものが遺伝するわけではありません。一般的な人よりもアポクリン腺の数が多く、汗腺のひとつひとつが大きく分泌量が多いという体質が受け継がれやすいのです。
親から受け継ぐことが多いとされていますが、これは常染色体優性遺伝(じょうせんしょくたいゆうせいいでん)という形で遺伝します。片方の親がわきがの場合は50%程度で、両親がわきがの場合は80%程度の確率で遺伝すると考えられています。

わきがは幼少期からニオイがするわけではなく、出始める時期には個人差があります。
耳にあるアポクリン腺は幼少期より発達していますが、特にわきがの原因となる脇の下のアポクリン腺は性ホルモンの影響を受け、第二次成長期の発現と共に発達してきます。
このため、わきがの手術はアポクリン腺の成長が止まってからのほうが良いとされています。成長期に手術した場合、汗腺を取り除いてもふたたび成長したアポクリン腺によってニオイが発生してしまう場合があるからです。

それでも思春期など多感な時期においては、周りの目が特に気になるなど悩みが深い場合もあります。この場合は手術以外にも一時的にわきがを解消する、ボトックス注射などで対応することも可能です。

ご両親がわきがであったり、お子さんが将来わきがになるかご心配な場合は一度ご相談下さい。年齢も含め、体質やさまざまなご事情に合わせた対応方法をご提案させていただきます。