わきがの原因

わきがは、「アポクリン腺」・「エクリン腺」と呼ばれる2種類ある汗腺のうち、アポクリン腺から分泌される汗が原因となります。
ただ、この汗自体は無臭で分泌されたあとに「エクリン腺の汗」・「皮脂腺から分泌された脂肪分」と混じり、さらに皮膚や脇毛のブドウ球菌などの常在細菌により分解・酸化されることによって、独特なニオイを発生します。この独特なニオイがわきが臭と呼ばれるものです。

アポクリン腺について

アポクリン腺は皮膚の限られた場所に集中して分布していて、わきの下・へそ周り・耳の外耳道・乳輪・性器・肛門周りにあり、毛穴から出てくる汗です。

男性女性共に、第二次成長期を迎えるころに大きく成長して老年になると小さくなる特徴を持つ汗腺です。アポクリン腺からの汗の成分はタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分など、ニオイの元になる物質を含んでいて、少し粘性があります。この汗は塩分を含まず栄養があるため、分泌量が多いと皮膚上の細菌が活性化して発酵臭を出します。このニオイが体臭やわきがの原因になります。

エクリン腺について

エクリン腺は、ほぼ全身の身体表面に分布していて、毛穴とは独立して皮膚表面の浅いところにあり、主に体温調整の役割があります。

エクリン腺から出る汗の99%は水分で、サラサラとしています。残りの1%は、塩分・アンモニア・尿素・色素リポフスチン・ピルビン酸などです。この汗が出ると皮膚が酸性に傾きますが、これが皮膚についた細菌の繁殖を防ぐ役割を担っていて、ニオイ対策に一役買っています。
ただ、運動後に大量の汗をかくなどした場合、エクリン腺の成分のなかに僅かに含む重炭酸イオンなどの成分が皮膚表面をアルカリ性に傾けて細菌が繁殖してしまうので、一般的に言う「汗臭さ」がすることがあります。

皮脂腺からの分泌物について

アポクリン腺・エクリン腺の他に、全身に分布する皮脂腺というものがあり、これもアポクリン腺と同様に、毛穴の中にあります。皮脂腺から出る分泌物はエクリン汗と混じり合い、皮膚を柔らかくして、潤いを保つ役割があります。

皮脂腺から分泌される油分には皮膚を保護する大事な役割がありますが、わきがのニオイを強めてしまう作用もあります。皮脂腺内に過酸化脂質などの酸化物質が増えてくると皮脂腺からのニオイも感じられるようになります。

わきがはアポクリン腺から出てくる分泌物をもとにして、エクリン腺の汗や皮脂腺からの油分と混じりあい、細菌が繁殖すると強く臭うようになるのです。

アポクリン汗が少なめでも、エクリン汗が多量に分泌されたり、皮脂腺からの油分が多く分泌された場合に、わきがのニオイを感じられるようになるなど複合的な要因によってわきが臭は出てきます。

ニオイの元になる物質を含んでいて。少し粘性があります。

わきがの治療法はこの原因となるアポクリン腺の働きを抑えたり、汗腺を除去することでニオイの発生を抑える方法があります。わきがの症状は人によりさまざまですが、程度によっても治療法は変わってきます。
汗腺の働きを一時的に抑える場合にはボトックス注射、汗腺を除去や破壊することによって改善する場合には、などの手術やミラドライによる治療があります。

まずはご自身がわきがかどうか、また、どの程度なのか確認されることをお勧めします。