多汗症について

多汗症とは、汗がもつ体温調整機能の通常範囲を超えて、エクリン腺からの発汗が異常増加することを指す症状で、汗をかく場所は原因によってさまざまです。
多汗症には全身的に異常発汗する全身性多汗症と、特定の部分にのみ発生する局所性多汗症があります。わきの下にも集中しているエクリン腺ですが、他にも手足や股間に多くあります。

多汗症の主な原因はエクリン腺から発汗で、水分が99%・塩分が1%という成分なので、わきがのような独特なニオイはありません。ただし多汗症による汗がわきがの原因の一つである細菌繁殖の湿潤な環境を作ってしまうことで、わきがのニオイが強くなる場合があります。

一般的な汗かきのレベルを超える汗のかきかたが多汗症の特徴ですが、一度医師による診断を行い原因を見極めた上で治療を行うことが大切です。

多汗症の原因

わきがはどのようにニオイが発生するのか、そのメカニズムについ解説します。

多汗症は交感神経の機能が正常に働かなくなり、エクリン腺から必要以上に汗が分泌されてしまう症状ですが、要因は体質やストレス、・食生活・病気・ホルモンバランスなど、さまざまです。

例えばストレスが原因の場合、汗をかくことで余計に精神的ストレスの負担が増えてさらに汗をかいてしまうなど悪循環に陥ってしまう場合があります。

ここでは多汗症のさまざまな要因をご説明します。

わきがと多汗症の関係

わきがはどのようにニオイが発生するのか、そのメカニズムについ解説します。

わきがと多汗症は本来別の要因によって起こり、その症状も違うものです。しかし、わきがの原因であるアポクリン腺からの分泌物の多い方が汗をかくと、わきがのニオイも強くなってしまいます。

予防の方法

わきがはどのようにニオイが発生するのか、そのメカニズムについ解説します。

多汗症になる要因はさまざまですが、交感神経に刺激を与えないことが良いとされています。

汗をかきやすい体質に加えて精神的なストレスやホルモンバランスの崩れが発汗の原因になっていることも多いのです。
また食生活などが原因になっている場合もあるので、このようなケースでは生活習慣などを見直すことで改善することもあります。

多汗症の治療法

多汗症原因によって塗り薬や内服薬など、治療方法が変わってきます。

多汗症はわきが治療と異なり、原因によって治療方法が変わってきます。

制汗効果のある塗り薬や内服薬などを使う場合もあります。また、自律神経に働きかけることで発汗を抑える薬品などを使うこともあります。外科手術を行う場合もありますが、医師とよく相談して原因を見極め、一緒に治療を考えていくことが大切です。

多汗症の手術

多汗症の手術は、メリット、デメリットやリスクもあるため、手術の決断は慎重に考えましょう。

多汗症の手術には、交感神経切除手術や星状神経節ブロック療法などの外科手術のほか、イオンフォトレーシス療法など外部から働きかける方法もあります。

外科手術はメリット、副作用などのデメリットやリスクもあるため、手術の決断は慎重に考えましょう。