ミラドライについて

今までのわきが治療は、切除法や剪除法とよばれるメスを使った手術で、ニオイや汗のもととなるアポクリン腺・エクリン腺という汗腺を直接取り除く方法が主流でした。
ミラドライはこのような皮膚の切開を伴う手術とは違う方法で、わきが・多汗症の原因となる2つの汗腺を取り除く治療法です。

ミラドライは、皮膚下にあるエクリン腺とアポクリン腺をターゲットとして、マイクロウェーブと呼ばれる電磁波を照射することにより対象に熱を発生させます。この熱が2つの汗腺に直接作用して破壊します。
手術とは異なり、傷を作らずに治療するのでダウンタイム(手術後の腫れやむくみ・治癒にかかる期間)が少ないのが特徴です。ミラドライは治療当日からほぼ普段通りの日常生活を送ることが出来ます。

ミラドライの働き

ミラドライのメカニズムと効果の出るしくみ

ミラドライはマイクロウェーブ(電磁波)を照射し皮膚の下にある、エクリン腺とアポクリン腺の2つの汗腺を破壊します

ミラドライは皮膚の下にある、エクリン腺とアポクリン腺の2つの汗腺をターゲットとして、マイクロウェーブ(電磁波)を照射します。

マイクロウェーブ(電磁波)は電子レンジで加熱する原理(物質内の水分と反応して熱を生じる作用)で知られていますが、ミラドライで使用するマイクロウェーブは電子レンジなどとは異なり、拡散せずに狙った部位に照射できることが特徴となっています。

ミラドライで使用する5.8Ghzのマイクロウェーブは、皮膚下の2~3ミリの層にある汗腺へ選択的に熱を発生させることにより不可逆的変化(元に戻らないようにする変化)を起こし、破壊します。

従来からのわきが手術と異なり皮膚の切開も必要とせず、ターゲットの汗腺だけを破壊するため、ダウンタイムが短いのが特徴です。照射直後に汗腺は破壊されるため、治療当日から、ワキのニオイや汗が改善されます。

ヨードテストで術前・術後の発汗を比較

治療後の効果を検証するため、ご承諾いただいた患者様にヨードテストを実施しています。

ヨードテストとは、ワキにヨード液を塗布してコーンスターチの粉をふりかけてハケで伸ばします。すると発汗している場所が黒く変化するので、汗の分泌量と範囲を視覚的に判別することが可能です。

このテストを術前と術後に行うことで、治療後にどれほど改善されたかをしっかりと確認できます。

ヨードテストを行ったワキ

治療を受けられた患者様のヨードテストの結果です。術前は全体的に発汗による黒みが確認できますが1ヶ月、さらに3ヶ月と経過することで発汗がぼぼなくなっていることが確認できます。

ミラドライの認定制度と治療を行える医院について

ミラドライはアメリカ「ミラマー社」が製造する医療機器で、ミラマー社により認められた医師のみが施術を行える、認定制度があります。取得にあたってはミラマー社の技術者の前で実際に施術を行い認可されることで、ミラドライの治療を行えるようになります。 当医師団の医師は従来からのワキガ治療の経験が豊富なだけでなく、全員がミラドライ治療の認定医です。

認定書

ミラドライはわきが・多汗症治療の従来からのリスクやダウンタイムを改善して開発された、全く新しいアプローチの治療法なのです。

他の治療との比較、メリット・デメリット

れぞれの治療法の効果やリスクをご説明いたします

わきが・多汗症の治療には、ミラドライ以外に剪除法や吸引法、ボトックスなどいくつかの選択肢があります。当医師団にはミラドライ導入以前から様々な治療に携わってきた経験豊富な医師が在籍しており、患者様の状況やご事情にあわせて治療を選択することが可能となっています。

それぞれの治療法の効果やリスクを事前にご説明いたしますので、ご自身に最適な治療をご納得の上、受けられることが大切です。

安全性

ミラドライは高い安全性が確立された治療法です。

マイクロウェーブは他の医療分野において既にガンなどの腫瘍や心臓、泌尿器の治療にも既に利用されていて、安全性が高いことが実証されています。

ミラドライが照射するマイクロウェーブは汗腺へ集中的に作用しますが、施術中は皮膚表面を水流で冷却し、保護します。またこの治療法は皮膚を切開しないため、傷を作らないだけでなく皮下を走る太い神経や大切な血管を損傷することもありません。傷が出来ないので感染症などのリスクも伴わず、高い安全性が確立された治療法です。

治療の流れ

ミラドライの流れ

施術前には医師によるカウンセリングと診察を行い、治療の説明や施術後の注意点・経過などをご説明致します。治療はすべて医師が行い、1時間程で終わります。当医師団でのミラドライの流れをご説明します。

術後のケア

ミラドライは施術を受けられた当日から日常生活に戻ることは可能です。

治療後は照射されたマイクロウェーブにより発生した熱で、皮膚組織の内部がやけどのようになります。治療後に15分以上は赤みや腫れを抑えるために冷却を行います。

治療後数日間は激しい運動などはご遠慮いただいておりますが、施術を受けられた当日から日常生活に戻ることは可能です。また、こまめな冷却を行うことで腫れを抑えることが可能です。

ミラドライのダウンタイムについて

ミラドライは年齢制限はありません。

ワキガの治療法はさまざまで、治療によっては日常生活が制限される場合もあります。そのため事前に、ご自身が受けようとされている治療法のダウンタイムはどれ程なのかを確認しておく事が重要です。

ミラドライは皮膚の切開を伴いませんが、施術箇所はやけどと同程度の状態になるため、激しい運動や飲酒、湯船に浸かっての入浴などはご遠慮いただいております。ただ、治療当日からシャワー程度の入浴は可能です。

施術箇所は炎症を起こしやすい状態になるので、余裕をもって1週間程度は積極的な運動などは避けたほうが無難です。実際に治療を受けられる前には、ある程度の余裕をもった日程でご予約されることをおすすめします。

ミラドライの年齢制限について

ミラドライは年齢制限はありません。

ミラドライによるわきが治療の年齢制限はありません。ただ未成年の方など、汗腺が成長段階の時に施術を行った場合、治療後に再び汗腺の成長によってわきが・多汗症の症状が出る可能性はあります。そのため汗腺の成長を終えてから施術を受けることが望ましいことになります。

目安として女性は16歳前後、男性は18歳前後から治療のご案内をしておりますが、当院では未成年でミラドライを受けた患者様もいらっしゃいます。

未成年の方が施術をご希望される場合、まずは保護者の方もご一緒にカウンセリングにお越し頂くよう、お願いしております。

アフターサポートについて

1回の治療で効果が出ない場合は再治療が受けられます

わたしたちは安心を何よりも大切に考えておりますので、治療後に気になることがあればお気軽にご相談下さい。術後の痛みや違和感などの感じ方は人それぞれではありますが、ご心配なことがあればお悩みを解消するまで真摯に対応させて頂きます。

ミラドライは1回の治療で約7割の方に十分な効果が得られますが、1回の治療で効果が出ない場合には更に効果を高めるため、再治療が受けられます。2度目以降の治療でリスクが高まることはありませんが、まずは原因をよく調べることが大切です。

当院では医師の診断により再治療が必要と診断された場合に、実施をご提案させて頂きます。